ADMIN MENU ≫ | IMAGE | WRITES | ADMIN
2004年09月の記事一覧
≪08month
This 2004.09 Month All
10month≫
スポンサーサイト 
--.--.--.-- / --:-- 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
火葬  
2004.09.10.Fri / 01:56 
あまりに突然だった。手術も成功、悪いものも見つからずに
このまま回復してくれると思っていた。手術中も、何の異常も
見つからず、呼吸困難を起こすなんて病院でも分らない。
心臓も肺も全て異常なし。あったとしたなら、ストレスで
胃の動きが悪くなってただけ。でも、最初はちゃんと食べていたのに。

昨日は朝に病院へ預けて、夕方には迎えに行くはずだった。
それを大事を取って本当は今朝迎えに行くはずになった。
その話を先生として、電話を切って15分もしないうちに
「ローズの呼吸が急変した」と電話があり、車で向かった。
が、間に合わなかった。人工呼吸器などつけて蘇生を試みてみたが
もう無理だった。急に酸素室の中で座っていたローズが
横になって、一瞬もがいて月へ旅立ってしまったらしい・・・

今日はもうフサフサのローズはいない。火葬してお骨になった。
喉仏がしっかり残っていた。お骨は歯の形、きれいだった
顔の形そのものが残っていた。

写真:ローズ最後のお顔、お骨をじっと見るチビボビーと息子のまろん

109479181829247.jpg

スポンサーサイト
呼吸困難・・・続き 
2004.09.09.Thu / 01:55 
あんまり食べないし●も出ない。今朝になると、呼吸が荒い。
嫌だ、チャーの時みたいだ。ブルーをネコ用の病院へ連れて行った
後、ローズも病院へ。レントゲンを撮ると、胃に数日前(退院時)に
食べたものが溜まっていて胃が動いていないので、それで呼吸が
荒くなってるかもしれないとのこと。肺とか、どっかに水が溜まってる
という症状は見られなかった。とりあえず、胃を動かす注射をして
夕方まで預かりとなった。元気になって、ローズ。
赤ちゃん(まろん)を生んで育てたお母さんでしょう?
ローズなら、元気になれるよ。

********

夕方に電話すると酸素室にいて、胃腸を動かす注射をしたりしたが
あまり変化が見られないとのこと。今回の入院で病院ではあまり
食べず、家に戻るなりバリバリ食べた。しかし、呼吸が苦しいのは
ちょっとかわいそう。悩んだが、明日の朝まで一泊して様子を
見ることにした。

ブルーは内臓に疾患があるかも、とのことで血液検査。
ネコの場合も人間と同じように腕から採血。そして
ぶっとい注射をされて帰ってきた。ビロードみたいな
毛がバサバサで、高熱がある。。。

ああ、不規則な生活ではあるが、仕事をやめた後で良かった。
面接やバイトや職安行きながらも、調整がきくから
動物の様子が見ていられる。

今日はこれから、ネコを引き渡しに行く。
何か、動物のために時間が出来たようだ(~_~;)

*******

上記を書き終わった後、電話があって・・・

ローズ永眠しました。

写真は、母を見るまろん。

20040909_1823_000.jpg

おとなしい  
2004.09.08.Wed / 01:54 
どうにもあんまり食べてくれない。だから●も出ない。
でも、もともと大人しいし元気が無いわけでもない。
痩せたりもしてない。

病理の検査の結果、ガンなどの悪いものは見つからず
ただの脂肪だった。ひと安心。

ローズは、特に前夫が欲しがったウサギ。ライオンが欲しいと。
ってことで失業もしたし、ローズの入院・治療費は前夫が出して
くれることになった(^^)まあ、子供がいたらこんなもんだろう。

20031019_0002_000.jpg

ローズお願い 
2004.09.07.Tue / 01:53 
夜中に聞こえたんだ。ストッキングを引っ張るような音が。
ローズのネットには大きな穴が開き、ビリビリに。
気にしないように当ててあったガーゼは、そこいらに
汚れて投げ出してあった。病院へ電話。
傷が大丈夫なようなら取ってもいいとのこと。
●が出ない。まだ気にしなくてもいいとのこと。
手術前後にあまり食べなかったから。でも、気になる。
今はおとなしく座ってる。いつもそうなのだが。

20040907_1042_000.jpg

退院 
2004.09.06.Mon / 01:51 
朝の9時、もうドレーンも取ったということで無事退院。
昨日の夜からあまり食べなくなってきたらしい。
家に連れて帰ると、キャリーから飛び出して部屋中走り回った。
ケージに入れると、早速リンゴとかサラダ菜をムシャムシャ・・・
良かった~♪抜糸は今度の土曜。土曜は、ネコのベルモンドの
おでこの腫瘍を取る手術の日でもある(-_-;)

20040906_0933_000.jpg

お見舞い・・・ 
2004.09.05.Sun / 01:50 
今日退院するかもと言われたが、ドレーンからまだ水分が出てるのと
そんなにストレスもなさそう・・・ということで退院は大事をとって
明日になった。まだ痛々しい・・・いつもこんな感じなんだが^^;
固まってる。「器用に水入れをトイレにしてますね」と言われた。

20040905_1148_001.jpg

ローズ手術  
2004.09.04.Sat / 01:49 
12時から始めて、1時には終わった。病名は「きんかん肉腫」←漢字が分らん。
膿盆に一杯(手のひらに一杯位)の大きさの脂肪の塊がとれた。
今は、ドレーンをしてグルグル巻きになって入院している。
が、ドレーンをつけているのも今日明日位で、良ければ明日にも
退院とのこと。細胞は念のため、病理に出すがとりあえず
後は回復を待つのみ。ローズ、頑張ったね。

この肉腫は、筋肉の奥で大きくなってある時、筋肉の間からつるんっと
出てくるらしい。だから、急に大きくなるように見えるとか。
あまり大きくなると痛みを伴う。ローズの場合は、今日も元気だったので
痛みはまだ無かったのだろう。奥まで取らないと、また発達しやすいとか。
何で、こんな病気になって手術なんて痛い思いをしなければいけないのか・・・

20030914_2339_000.jpg

| BLOG TOP |
カレンダー
08 | 2004/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

usako

Author:usako
6羽のウサギたちやネコと過ごす日々。バツ有り、子無しの事務員です。趣味は、旅・飲酒・津軽三味線。
ホームページもご覧くださいね。

私のHPです






チビボビー♂いつも気をひこうとしている子




ぴゅあ♂(故グレーの夫)優しい子




キャロル♀(くりむの妻)情熱的で行動的



ジョニー♂ 故ボビー似の元気な子




くりむ♂(キャロルの年下の夫) 女以外には何があっても動じない




ゆき♀ 外見とは違い、とても活発で元気な女の子




マイ 多摩川土手で保護したハト。いつも威張っている。



にほんブログ村 うさぎブログへ







ブロとも申請フォーム
CopyRight 2006 ウサギたちの日記 All rights reserved.
Photo material by <ivory> / Designed by Il mio diario
Powered by FC2BLOG / 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。